• 印刷する

英新車、6月は24.3%減少 過去30年弱で最低=部品不足響く

自動車製造取引業者協会(SMMT)は5日、6月の英国の新車登録台数が14万958台となり、前年同月比24.3%減少したと発表した。6月としては1996年以降で最低を記録。半導体などの部品供給不足による生産の伸び悩みが響いた。

6月は個人向けが21.7%、法人向けは5.3%それぞれ縮小。フリート向けは27.6%減っている。燃料別ではガソリン車が28.2%減り、ディーゼル車は46.7%減少した。代替燃料車(AFV)のうち、バッテリー式電気自動車(BEV)は14.6%増加。ハイブリッド車(HV)は7.3%、プラグインハイブリッド車(PHV)は36.5%それぞれ落ち込んだ。マイルドハイブリッドシステム搭載車では、ガソリン車が26.1%、ディーゼル車は39.2%それぞれ縮小している。

新車登録台数をメーカー別に見ると、英国車はインドのタタ・モーターズが展開するジャガーが51.1%減の1,159台、姉妹ブランドのランドローバーは9.2%増の4,146台だった。欧米ステランティス傘下のボクソールは1.6%減の9,966台。

外国勢を見ると、ドイツのフォルクスワーゲン(VW)は、VWブランドが40.1%減の1万1,660台、傘下のアウディは46.9%減の7,676台だった。BMWは33.5%減の9,467台。米フォードは30.6%減の9,879台となった。

日系メーカーは、トヨタ自動車(レクサス除く)が24%減の9,171台。日産自動車は10.2%減の5,323台だった。ホンダは61.4%減の1,238台、スズキは39%減の1,761台、マツダは58.9%減の1,416台、SUBARU(スバル)は61.4%減の83台となった。

SMMTのマイク・ホーズ最高経営責任者(CEO)は、半導体不足は新型コロナウイルス抑制策として導入された昨年のロックダウン(都市封鎖)よりも新車市場に影響を与えていると指摘。電動車両への継続した需要は「明るい話題」だが、全体の新車登録の減少を相殺するには十分ではないと分析した。


関連国・地域: 英国
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

航空IAG、過去最高益 需要回復でコロナ前上回る=通期(03/01)

保険アジアス、英同業の買収検討(03/01)

BP、エジプトで投資加速=最大50億ドル(03/01)

ボーダフォン、スイスコムと独占交渉(03/01)

乗用車生産台数、1月は21%増加(03/01)

HAV、ハイブリッド機の認証手続き開始(03/01)

オンライン食品販売オカド、サウジ社と提携(03/01)

仏物流シーバの英同業買収、米社が対抗案(03/01)

英領北ア、自動車保険上昇=修理費高騰で(03/01)

<EU環境規制・エネルギー>ドイツの電源構成、再エネ6割に迫る=石炭由来、大きく後退(02/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン