ルーマニア、32年までに脱石炭火力発電

ルーマニア政府は2032年までに、石炭火力発電所と炭鉱を徐々に閉鎖する方針を固めた。エネルギー産業の脱炭素化を推進する狙い。エネルギー省の発表を元に、シーニュースが報じた。 政府が採択した緊急政令によると、石炭火力発電の廃止に伴う電力不足を補うため、2030年までに新…

関連国・地域: ルーマニア
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

米GIP、ルーマニアの洋上風力事業を取得(09/29)

ペプシコ、ルーマニア工場に1億ドル投資(09/28)

シン・カーズ、EV増産計画を発表(09/27)

ロムガス、24年にカラジェレ・ガス田採掘へ(09/26)

ルーマニア太陽光発電、INVLが追加取得(09/26)

セリナス、ルーマニア試掘井の掘削開始(09/23)

ルーマニア、北西部の空港近代化に投資(09/23)

製塩サルロム、生産拡大に1100万ドル投資(09/23)

ハイネケン、ルーマニア南東部の工場閉鎖へ(09/22)

加自動車部品リバティー、ルーマニアに工場(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン