• 印刷する

シティー空港、発着枠拡大へ 31年までに利用者900万人目指す

ロンドン・シティー空港は1日、週末などの発着枠を増やし空港の利用を拡大する提案を示し、一般からの意見公募を開始した。既存の滑走路とインフラを最大限に活用し、2031年までに利用者数を最大900万人まで引き上げたい考え。

この提案では、土曜日の午後0時30分から日曜の午後0時30分までの離着陸禁止を緩和し、土曜日は午前6時30分から午後10時まで離着陸を認める。また週日については午前6時30分から7時までの離着陸を現行の6便から12便に増やすほか、午後10時以降に遅れて到着する便についても迂回(うかい)せず、10時30分までは着陸させるなど柔軟性を持たせる。

この案について同空港は、延長する離着陸時間にはエアバス「A220」やエンブラエル「E2」など静かな機体のみの運航を認めること、夜間8時間の離着陸禁止や日曜日の離着陸時間に変更はないことを強調。空港のインフラを増やす必要もなく、年間発着枠の上限である11万便についても変更しないという。これまでこの上限に達したことはない。

さらに、拡大計画により2,100人の雇用が創出され、うち1,250人が空港運営による直接的な雇用になると説明。地元企業にとっては年間5億3,000万ポンド相当の生産性向上につながり、ロンドンには年間7億5,000万ポンドの利益をもたらすと試算している。

意見公募は10週間にわたり行われ、空港が位置するロンドン東部で7回の公聴会を開催する。ただ、週末や早朝の離着陸の規制緩和に対しては、地元住民や環境保護団体が強く反対する可能性もある。

同空港は、今年の利用者数が300万人まで回復し、24年には500万人と、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)前の水準に戻ると見込んでいる。[環境ニュース][労務]


関連国・地域: 英国
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

インフレ率、7月は10.1% 過去40年超で初の2桁台(08/18)

英、豪からLNG調達=6年ぶり(08/18)

生産者物価、7月は17.1%上昇(08/18)

外国人労働者、コロナ流行後で最大の増加(08/18)

テッドベーカー、米ブランド管理会社が買収(08/18)

BHP、豪で90年間の新炭鉱開発を申請(08/18)

ヒースロー、旅客制限を延長 混乱回避へ10月29日まで(08/17)

英政府、途上国からの輸入関税を引き下げ(08/17)

失業率、6月は横ばいの3.8%(08/17)

BP、メキシコでの掘削事業から撤退か(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン