露政府、サハリン2の資産移管で新会社設立

ロシア政府は6月30日、極東サハリンの石油・天然ガス開発事業「サハリン2」の資産と全ての権利を無償で引き継ぐ新会社を設立する法令を制定した。政府が同事業を掌握することが可能となり、プロジェクトに参加する三井物産と三菱商事は撤退を余儀なくされる恐れもある。 サハリ…

関連国・地域: 英国ロシアアジア
関連業種: 天然資源政治


その他記事

すべての文頭を開く

エストニア、短期ビザのロシア人の入国禁止(08/18)

サハリン2新会社、九電などに事業移管通知(08/18)

ロシア、GDP見通しを4.2%減に上方修正(08/18)

フィンランド、ロシア人の観光ビザ9割減へ(08/17)

印、ロシア産原油由来燃料を米国に輸出か(08/17)

ロシア経済、第2四半期は4%縮小(08/16)

独政府、ガス賦課金を設定 平均世帯で年間480ユーロ負担増(08/16)

プーチン大統領、北朝鮮との関係強化へ(08/16)

サウジ投資会社、露エネルギー企業に出資(08/16)

露、ウクライナ経由の中欧への原油供給再開(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン