• 印刷する

独製造業、材料不足が来年まで継続も

Ifo経済研究所は29日、ドイツの製造業界における材料不足が少なくとも向こう10カ月は続くとする調査結果を発表した。供給問題を抱える企業の割合は高止まりしている。

Ifoは国内の約2,000社を対象にアンケート調査を実施。その結果、製造業界による材料不足の予想期間は全体で10.1カ月となり、年内に供給問題が解決すると回答された分野はなかった。予想期間が最も短かったのは金属生産・加工業の7.2カ月で、最も長いのは飲料工業の13.1カ月だった。

また、製造業企業の74.1%が供給のボトルネックを抱え、中間財・原材料の調達に問題があると訴えた。これは5月の77.2%から減少している。主要分野別では、電気・電子機器産業、機械・設備メーカー、自動車産業の約90%がそれぞれ、必要な材料や中間製品を全て受け取れていないと回答した。

Ifoの調査責任者は「多くの企業にとって、供給のボトルネックは残念ながら日常生活の一部となっている」と述べた。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【ここが知りたい!ドイツの環境・エネルギー政策】自動車・暖房燃料の炭素価格引き上げ(03/01)

材料不足、紅海の影響じわり 独製造業=鉄道ストが追い打ち(03/01)

化粧品バイヤスドルフ、通期は3%減益(03/01)

三菱鉛筆、筆記具ラミーを子会社化(03/01)

鉄鋼ティッセン、高炉と圧延工場の閉鎖計画(03/01)

太陽光発電エンビリア、米投資会社が出資(03/01)

EUの難民申請件数、7年ぶりの高水準に(03/01)

与党FDP、電力ユニパー株の早期売却提案(03/01)

シュコダ、印で新モデル=小型SUV生産へ(02/29)

CO2貯留、連立与党が批判 経済相案=ガス発電の排出容認で(02/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン