オランダ、中国社排除に向け電力法改正へ

オランダ政府は、送電大手テネット(TenneT)の入札からリスクの高い企業を排除しやすくするよう、電力法を改正する方針だ。国内電力網の基幹部分に対する中国の関与を防ぐ狙いがある。イェッテン気候・エネルギー政策相が議会に宛てた書簡を元に、オランダの経済紙フィナンシエー…

関連国・地域: オランダ
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

ASML、サムスン電子が保有株全て売却(02/22)

世界初、風力利用タンカーが試験航海(02/22)

アバンティウム、タイ社が追加出資(02/19)

右派・自由民主党、議会外政権入りに意欲(02/16)

欧州の銀行、商業用不動産融資でリスク拡大(02/16)

ビールのハイネケン、通期は4.3%減益(02/15)

控訴裁、戦闘機部品のイスラエル輸出禁止(02/14)

半導体機器ASMI、CEOが辞任へ(02/13)

オランダ年金基金、化石燃料株の大半を売却(02/09)

連立協議、新党離脱で暗礁=オランダ(02/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン