BASF、EV電池リサイクル工場新設へ

ドイツの化学大手BASFは20日、東部シュワルツハイデ(Schwarzheide)に、電気自動車(EV)用バッテリーのリサイクルに使用するバッテリー素材「ブラックマス」の生産工場を建設すると発表した。2024年初めの稼働開始を見込んでおり、約30人が新たに雇用される見通し。 ブラ…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 化学建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

独政府、ヒートポンプへの補助金引き下げ(08/18)

ライン川で故障船が立ち往生=混乱に拍車(08/18)

BMW、中国EVEから円筒形電池を調達へ(08/18)

電力ユニパー、上半期は赤字拡大(08/18)

ドイツ鉄道、エジプトで高速鉄道の運営契約(08/18)

独、LNG輸入業者と覚書 FSRU2カ所に供給=今冬稼働(08/17)

独機械メーカー、熟練労働者の不足が深刻化(08/17)

独ポーランド国境の川で魚大量死=原因不明(08/17)

ザルツギッター、ガス配給制の免除を交渉(08/17)

VW、印マヒンドラとEV部品供給で合意(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン