• 印刷する

英で大規模鉄道スト開始 労組、インフレ加速で賃上げ要求

英国各地で21日、過去30年で最大規模となる鉄道ストライキが始まった。ストは23日と25日にも行われる予定で、各日午前7時半から午後6時半まで、約半数の路線でごく一部の便のみ運行する。同国の鉄道インフラを管理するネットワーク・レールは、26日ごろまでは混乱が続くとして、鉄道利用をできるだけ控えるよう呼び掛けている。なお、ロンドンでは21~22日に地下鉄ストが行われる。

運輸関係労働組合(RMT)は、今年のインフレ率が11%に達すると予想されることから、7~8%の賃上げと雇用保護を求めている。

ジョンソン首相はストについて、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)から回復のさなかにある企業などにダメージを与えるものと指摘。一方、RMTのミック・リンチ事務局長は「(賃上げと雇用保護の)キャンペーンは必要な限り続ける」とコメントしている。

英国では食品・燃料価格の高騰を受けインフレが加速。4月のインフレ率は前年同月比9%上昇し、過去40年で最高水準に達した。こうした中、教師や救急隊員、清掃員などもストに向けて動き始めており、今回の鉄道ストはその口火を切るものとみられている。


関連国・地域: 英国
関連業種: 運輸雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

英中銀、利下げ開始はインフレ低下の証拠を見極めてから <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第58回(05/17)

英労働党、選挙公約発表 経済安定化や医療改善を優先(05/17)

資源アングロ、世界で採用凍結=買収回避で(05/17)

ユーロスター、路線拡大検討=最大50両発注(05/17)

米石油シェブロン、英北海事業から完全撤退(05/17)

英、不明確な環境政策で投資機会逸失(05/17)

BT、通期は増益=30億ポンド追加削減へ(05/17)

イージージェット、上半期は赤字縮小(05/17)

音声支援のポリーAI、評価額5億ドルに(05/17)

グレッグス、店舗数3500店に拡大へ(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン