オランダの温室効果ガス排出量、11%減少

オランダ政府統計局(CBS)は15日、2022年第1四半期(1~3月)の温室効果ガスの排出量が43.1メガトンとなり、前年同期比11%減少したと発表した。天然ガスの消費量が25%ほど落ち込んだことが主な原因だという。 温室効果ガスのうち、二酸化炭素(CO2)の排出量は36.5メ…

関連国・地域: オランダ
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

英シェル、ロッテルダムに水素プラント建設(07/07)

テネット、国内送電網に220億ユーロ投資(07/07)

KLM、グリーン広告巡り環境団体が提訴(07/07)

オランダ農家、政府の環境政策に抗議行動(07/06)

オランダ政府、水素輸送網に7.5億ユーロ(07/01)

オーステッドとトタル、風力発電に共同入札(07/01)

ハイネケン、台湾でビール工場取得へ(06/30)

ネステ、再生燃料増産でオランダ工場を拡張(06/29)

化学アクゾノーベル、次期CEOを指名(06/29)

オランダ南西部で竜巻、1人死亡(06/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン