• 印刷する

欧州委、BA・イベリアのbmi買収を承認

欧州委員会は3月30日夜、インターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)による英ブリティッシュ・ミッドランド航空(bmi)の買収計画を条件付きで承認した。この案件をめぐっては、ヴァージンアトランティック航空が英国内線の競争を歪めるとして同委に不服を申し出ていた。

ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)とイベリア航空(スペイン)を運営するIAGは昨年末、独ルフトハンザ航空からbmiを1億7,250万ポンドで売却することで合意。ルフトハンザはヴァージンとも交渉を進めていたが、最終的にIAGに軍配が上がった。

IAGは取引承認の条件として、ロンドン・ヒースロー空港で1日当たり14往復分の発着枠を手放すことを受け入れた。同社がbmiを買収した場合、ヒースローの全発着枠の53%を押さえることになるためだ。欧州委はさらに、国内・欧州路線の乗客がヒースローで競合の長距離便に乗り換えられる取り決めを各社と結ぶよう求めている。


関連国・地域: 英国ドイツEUスペイン
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

英、全成人にブースター接種 オミクロン株対策へ間隔も短縮(12/01)

イージージェット、通期は赤字拡大(12/01)

国際送金ワイズ、上半期は13%減益(12/01)

バルバドス、エリザベス女王の君主制廃止(12/01)

英国、店舗などでのマスク着用義務を再導入(11/30)

石油BP、大規模なグリーン水素施設を建設(11/30)

シェル再編案、2社目の株主助言機関が支持(11/30)

英の不法移民、24%増加=コロナ前水準迫る(11/30)

BA、香港便の運航停止=乗員の強制隔離で(11/30)

EU各国、英仏海峡渡る移民問題を協議(11/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン