• 印刷する

欧州新車登録、5月は12.5%減少

欧州自動車工業会(ACEA)は16日、5月の欧州30カ国の新車登録台数が94万8,149台となり、前年同月比12.5%減少したと発表した。世界的なサプライチェーン(調達・供給網)の混乱が続き、11カ月連続のマイナスとなった。

30カ国に含まれるのは、欧州連合(EU)26カ国(マルタ除く)と欧州自由貿易連合(EFTA)3カ国、英国。

主要5カ国では、ドイツが10.2%減の20万7,199台。フランスは10.1%減の12万6,809台、英国は20.6%減の12万4,394台、イタリアは15.1%減の12万1,299台、スペインは10.9%減の8万4,977台だった。

30カ国をメーカー別に見ると、欧州最大手のドイツのフォルクスワーゲン(VW)グループは21.5%減の23万9,982台。欧米ステランティスは14.6%減の19万1,489台、フランスのルノー・グループは9.8%減の8万1,307台だった。ドイツのBMWグループは13.3%減の6万7,676台、メルセデス・ベンツ・グループ(旧ダイムラー)は8.3%減の5万4,524台だった。

日本車ではトヨタ自動車(レクサス含む)が1%増の6万7,961台。日産自動車は3%増の1万8,916台だった。マツダは42.4%減の8,736台、ホンダは3.6%減の6,282台、三菱自動車は20.2%減の5,251台だった。韓国の現代自動車グループは9.8%増の9万6,556台となっている。

1~5月の累計では30カ国全体で前年同期比12.9%減の453万1,598台だった。

EUで見ると、5月の新車登録台数は前年同月比11.2%減の79万1,546台となっている。


関連国・地域: EU
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

欧州議会選の結果とEU運営の行方 <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第59回(06/21)

EU、露産LNGに初制裁 域内港で第三国向け積み替え禁止(06/21)

欧州委のEV調査、「前例ない」要求=中国(06/21)

エアバス、印社とヘリ組立施設の設置先検討(06/21)

欧州委、来年度予算案を発表=1997億ユーロ(06/21)

欧州新車登録台数、5月は2.6%減(06/21)

世界のエネルギー由来排出量、過去最高に(06/21)

CO2以外のEU排出報告、長距離便は除外(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン