3月の建設業PMI、大幅上昇

金融情報サービス会社マークイットは3日、3月の英国建設業PMI(購買担当者景気指数)が56.7ポイントとなり、前月から2.4ポイント上昇したと発表した。新規受注が過去4年半で最高を記録したほか、生産高も2010年6月以来の高水準に達したため。景気の「改善」と「悪化」の境目である50ポイントを14カ月連続で超えている。

3月は3つの主要カテゴリーである、住宅建設、商業向け、公共向けがいずれも拡大。中でも商業向けの伸びがめざましく、公共向けも2011年3月以来の上昇を示した。

また、生産高と新規受注の伸びが著しいことから、雇用も改善。下請け業者の雇用状況も安定している。


関連国・地域: 英国
関連業種: 経済一般・統計建設・不動産雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

パディー・パワー、米事業を米社と統合(05/25)

EU離脱後の通関費用、年間200億ポンドも(05/25)

小売売上高、4月は1.6%増加(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

LVMH、英ファッション検索サイトに出資(05/25)

生産者物価、4月は2.7%上昇(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

GFG、豪VIC州にEV製造拠点を建設か(05/25)

資源リオ、インドネの鉱山の権益売却を否定(05/25)

インフレ率、2.4%に減速 2017年3月以降で最低(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン