• 印刷する

独テレコム、たばこBATのクラウド化を受注

通信大手ドイツテレコムは2日、法人部門のTシステムズ(T-Systems)がたばこで世界2位のブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)からクラウドサービス契約を受注したと発表した。契約期間は7年間で、取引額は少なくとも1億6,000万ユーロ。

Tシステムズは2年以内にBATの社内システムやソフトウェアをクラウド化する。これにより、インターネット接続環境があればBATの生産拠点45カ所および営業所65カ所のどこからでも同一のサービスが利用できるようになる。Tシステムズはまた、BATが現在、世界10カ所で展開するデータセンターを欧州、アジア、南米の3カ所に集約する。

Tシステムズは従業員4万8,200人を抱え、昨年の売上高は約92億ユーロ。今回のBATとの契約はクラウド事業では過去最大の受注となっている。


関連国・地域: 英国ドイツ
関連業種: 農林・水産その他製造IT・通信サービス

その他記事

すべての文頭を開く

ヴィテスコ、1年越しで上場 コンチネンタルから分離(09/17)

自動車セアト、生産縮小を来年まで延長へ(09/17)

独ティッセン、伊ステンレス鋼事業を売却(09/17)

仏大統領、独首相とパリで最後の会談(09/17)

機械企業8割、サプライチェーン問題に直面(09/17)

ヒューゴ・ボスCEO、ブランド買収に意欲(09/17)

英韓2社、65都市に空飛ぶタクシーのハブ(09/17)

独レオニ、セルビアで工場開設=4カ所目(09/16)

イベコと二コラ、独に合弁工場 年内に電動トラックの製造開始(09/16)

自由民主党、SPDとの連立に厳しい条件も(09/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン