独テレコム、たばこBATのクラウド化を受注

通信大手ドイツテレコムは2日、法人部門のTシステムズ(T-Systems)がたばこで世界2位のブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)からクラウドサービス契約を受注したと発表した。契約期間は7年間で、取引額は少なくとも1億6,000万ユーロ。

Tシステムズは2年以内にBATの社内システムやソフトウェアをクラウド化する。これにより、インターネット接続環境があればBATの生産拠点45カ所および営業所65カ所のどこからでも同一のサービスが利用できるようになる。Tシステムズはまた、BATが現在、世界10カ所で展開するデータセンターを欧州、アジア、南米の3カ所に集約する。

Tシステムズは従業員4万8,200人を抱え、昨年の売上高は約92億ユーロ。今回のBATとの契約はクラウド事業では過去最大の受注となっている。


関連国・地域: 英国ドイツ
関連業種: IT・通信製造一般農林・水産商業・サービス

その他記事

すべての文頭を開く

MKB銀行、最大30%株を上場へ(05/25)

ドイツ銀、7千人超を整理へ ゼービング新CEOが再建に着手(05/25)

PSA、「デジタル・ファクトリー」開設(05/25)

独GDP成長率、改定値も0.3%(05/25)

ロシアの乗用車生産、4月は21.6%増加(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

GfK消費者信頼感、6月はやや悪化(05/25)

新素材開発コベストロ、M&Aに意欲(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

ディーゼル車規制、ハンブルクで31日から(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン