• 印刷する

欧州中銀、4カ月連続で金利据え置き

欧州中央銀行(ECB)は4日開いた金融政策委員会(MPC)で、ユーロ圏の市場介入金利(最重要の政策金利)を過去最低の1%に据え置くことを決めた。大方の予想通りで、置きはこれで4カ月連続となる。

マリオ・ドラギ総裁はMPC後の記者会見で、「ユーロ圏経済の先行きは下振れリスクにさらされている」と述べ、債務危機の再燃や実体経済への波及、商品価格のさらなる上昇などをリスクとして挙げた。インフレ率については、エネルギー価格や間接税の引き上げなど物価上昇圧力もある一方、予想以上の経済不振が下落圧力になっていると述べた。

先に発表された3月のユーロ圏のインフレ率は2.6%と、前月からやや減速したものの、原油価格の高騰を背景にECBが目標とする2%を依然として上回っている。ドラギ総裁は、インフレ率が年内は2%を越える水準で推移するが、来年前半には2%を割り込むとの見方を示している。

ユーロ圏内ではスペイン、ポルトガル、ギリシャなど南欧諸国がリセッション(景気後退)入りする一方、原動力のドイツ経済は好調で格差が広がりつつある。こうした中、ドイツ連邦銀行はインフレ圧力に懸念を示すと同時に、危機対応型の長期資金供給オペレーションからの「出口戦略」を模索するようECBに求めている。

ECBは今回、下限の中銀預金金利と上限金利の限界貸出金利も共に据え置き、0.25%、1.75%とした。


関連国・地域: ドイツEUギリシャスペインポルトガル
関連業種: 金融天然資源電力・ガス・水道小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【今週の主な予定】10月25日~29日(10/25)

ノルドストリーム2、年内に2本目充填完了(10/25)

10月は過去半年で最低 ユーロ圏総合PMI速報値(10/25)

米政府、デジタル税巡り欧州5カ国と合意(10/25)

EU首脳会議、ポーランドへの措置を協議(10/25)

EV新車登録台数、第3四半期は56.7%増加(10/25)

欧州北部で暴風雨の被害=ポーランドで死者(10/25)

エネルギー危機がCOP26に突き付ける課題 <連載コラム・エネルギーTODAY>第55回(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン