• 印刷する

欧州中銀、4カ月連続で金利据え置き

欧州中央銀行(ECB)は4日開いた金融政策委員会(MPC)で、ユーロ圏の市場介入金利(最重要の政策金利)を過去最低の1%に据え置くことを決めた。大方の予想通りで、置きはこれで4カ月連続となる。

マリオ・ドラギ総裁はMPC後の記者会見で、「ユーロ圏経済の先行きは下振れリスクにさらされている」と述べ、債務危機の再燃や実体経済への波及、商品価格のさらなる上昇などをリスクとして挙げた。インフレ率については、エネルギー価格や間接税の引き上げなど物価上昇圧力もある一方、予想以上の経済不振が下落圧力になっていると述べた。

先に発表された3月のユーロ圏のインフレ率は2.6%と、前月からやや減速したものの、原油価格の高騰を背景にECBが目標とする2%を依然として上回っている。ドラギ総裁は、インフレ率が年内は2%を越える水準で推移するが、来年前半には2%を割り込むとの見方を示している。

ユーロ圏内ではスペイン、ポルトガル、ギリシャなど南欧諸国がリセッション(景気後退)入りする一方、原動力のドイツ経済は好調で格差が広がりつつある。こうした中、ドイツ連邦銀行はインフレ圧力に懸念を示すと同時に、危機対応型の長期資金供給オペレーションからの「出口戦略」を模索するようECBに求めている。

ECBは今回、下限の中銀預金金利と上限金利の限界貸出金利も共に据え置き、0.25%、1.75%とした。


関連国・地域: ドイツEUギリシャスペインポルトガル
関連業種: 金融天然資源電力・ガス・水道小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

OTP銀、スロベニア行の入札で最高額提示(03/19)

スロバキア大統領選、反汚職の弁護士優勢(03/19)

欧州委、カルソニックの買収を承認(03/19)

仏、一部農薬の生産禁止を2025年に延期(03/19)

ユーロ圏貿易収支、1月は黒字縮小(03/19)

ドイツ銀、正式に合併交渉 コメルツ銀も協議入りの声明(03/19)

3度目の採決実施に議長介入 前回と同じ内容認めず=EU離脱(03/19)

AGC、ベルギーでアンテナ開発拠点竣工(03/19)

フォード、独で5千人超削減=英国も対象に(03/19)

独経済、第1四半期も低迷=連銀月報(03/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン