• 印刷する

露、侵攻後100日で化石燃料930億ユーロ輸出

ロシアはウクライナ侵攻開始から100日の間に、原油や天然ガスなど化石燃料の輸出で930億ユーロの収入を得たようだ。そのうち61%に当たる約570億ユーロは、欧州連合(EU)への輸出によるものだという。フィンランドを拠点とする独立系研究機関、エネルギー・クリーンエア研究センター(CREA)がこうした調査結果を明らかにした。

国別に見ると、輸入額が最も多かったのは中国で126億ユーロ。これにドイツ(121億ユーロ)、イタリア(78億ユーロ)、オランダ(78億ユーロ)、トルコ(67億ユーロ)が続く。

輸出収入を品目別に見ると、原油が460億ユーロと最も多い。パイプライン経由の天然ガスは240億ユーロ、石油製品は130億ユーロと見積もられている。

CREAは、ロシアのウクライナ侵攻の軍事費用を1日当たり8億7,600万ドルと推計する。ロシアの化石燃料輸出額は3月を境に減少傾向にあるものの、侵攻から100日間の総計は軍事費用を上回っていることになる。

また、欧州連合(EU)が露産石油輸入を段階的に打ち切る計画により、ロシアは年間360億ドルの収入を失うと見込んでいる。


関連国・地域: ロシア
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ウクライナ、新たに穀物船3隻が出港(08/08)

露・トルコ首脳会談、ウクライナ問題協議(08/08)

ロシア新車販売、7月は75%減少(08/08)

露政府、サハリン2の新運営会社を設立へ(08/05)

スイス、対露制裁強化=EUに追随(08/05)

ショルツ首相、原発稼働継続の可能性を示唆(08/05)

OPECプラス、9月の小幅増産を決定(08/05)

鉄鋼エブラス、上半期は99.5%減益(08/05)

ガス賦課金、導入には法改正の必要性も(08/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン