オランダ、2028年までに水素旅客機導入も

オランダのコンソーシアムが、2028年にも水素燃料を動力源とする旅客機の商業運航を目指す計画を明らかにした。座席定員40~80人の中型プロペラ機を水素航空機に改造する予定。航続距離は最長750キロメートルとなる見込みで、ロッテルダム―ロンドン間をゼロ排出で飛行することが可…

関連国・地域: EUオランダ
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ネステ、再生燃料増産でオランダ工場を拡張(06/29)

化学アクゾノーベル、次期CEOを指名(06/29)

オランダ南西部で竜巻、1人死亡(06/29)

スキポール空港、発着便数を年44万便に制限(06/28)

オランダGDP、第1四半期は0.4%拡大(06/28)

オランダ、中国社排除に向け電力法改正へ(06/28)

テネット、北海の送電線敷設に向け入札へ(06/27)

トランサビア、スキポール発着240便欠航へ(06/24)

グレンコア子会社、アフリカでの贈賄認める(06/23)

オランダ、石炭火力発電の稼働制限を撤廃(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン