• 印刷する

仏議会選、左派連合が肉薄 与党連合は過半数割れの可能性

フランスで12日、国民議会(下院、定数577)選挙の第1回投票が実施され、マクロン大統領率いる中道の与党・再生(旧共和国前進)などの与党連合がトップに立った。しかしその得票率は25.75%にとどまり、極左政党「不屈のフランス」など4党から成る左派連合の25.66%との差はわずか。19日の第2回投票を経て、与党連合が過半数を割る可能性がある。

今回の投票では両連合に次いで、大統領選挙でマクロン氏に敗れたルペン氏率いる極右政党・国民連合が18.68%の票を獲得。中道右派の共和党などの連合は10.42%だった。投票率は47.5%と、近代フランスでは最低の水準となった。

第1回投票では、各選挙区で過半数の票を獲得した候補のみが当選。その他の選挙区では有権者数の12.5%以上の票を得た候補者が第2回投票に進む。

世論調査会社ELABEは、与党連合の最終的な獲得議席数は260~300議席、左派連合は170~220議席と予想。調査機関Ifopは、与党連合の議席数が255~295議席になると見込んでいる。


関連国・地域: フランス
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

仏EDF、原子炉巡りポーランド5社と提携(06/24)

仏製造業景況感、6月は改善(06/24)

ミシュラン、現代自とEV専用タイヤ開発へ(06/24)

食品アンドロス、越に最大級の保冷倉庫(06/24)

ルノーと日産、エンジン不具合で集団訴訟(06/23)

クレディ・アグリコル、25年までの戦略発表(06/23)

韓国・SKジオ、仏に再生プラ工場建設へ(06/23)

仏国務院、公営プールでのブルキニ禁止支持(06/23)

仏大統領、野党との協議開始 議席過半数割れで協力仰ぐ(06/22)

原子力企業ニュークレオ、3億ユーロ調達(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン