フィンランド、初の浮体式LNG施設建設

フィンランドの国営配ガス会社ガスグリッド・フィンランドと電力大手フォータム(Fortum)は9日、南部インクー(Inkoo)港に同国初の浮体式液化天然ガス(LNG)ターミナルを建設するための覚書を交わしたと発表した。パイプラインによるロシア産ガス輸入への依存を断ち切るため…

関連国・地域: フィンランドエストニアラトビアロシア
関連業種: 運輸天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

フィンランド政府、鉱物への新税導入を計画(09/29)

独政府、ユニパー国有化 公的資金80億ユーロを注入(09/22)

ネステ、原油精製事業の停止検討(09/21)

ストラ・エンソ、独工場をシュワルツに売却(09/14)

フィンランド、予備発電所2カ所を稼働(09/09)

製紙ストラ・エンソ、オランダ包装社を買収(09/09)

ノキア、フィリピンで屋内5G基地局導入へ(09/07)

フィンランド、電力会社に100億ユーロ支援(09/06)

フィンランド、電気代のVAT軽減=予算案(09/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン