フィンランド、初の浮体式LNG施設建設

フィンランドの国営配ガス会社ガスグリッド・フィンランドと電力大手フォータム(Fortum)は9日、南部インクー(Inkoo)港に同国初の浮体式液化天然ガス(LNG)ターミナルを建設するための覚書を交わしたと発表した。パイプラインによるロシア産ガス輸入への依存を断ち切るため…

関連国・地域: フィンランドエストニアラトビアロシア
関連業種: 運輸天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【欧州企業よもやま話】第363回:ネステ 再生可能燃料の世界最大手(08/17)

フィンランド、ロシア人の観光ビザ9割減へ(08/17)

昇降機コネ、越不動産開発フンティンと提携(08/04)

タイヤのノキアン、第2四半期は赤字転落(08/03)

コネクレーンズ、上半期は87.2%減益(07/29)

再生エネの導入、許認可手続きの遅れが障害(07/28)

ノースボルト、ストラ・エンソと電池開発へ(07/25)

通信機器ノキア、第2四半期は31%増益(07/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン