• 印刷する

印刷機器業界、今年は業績回復見込む

ドイツの印刷機器メーカーの総売上高は昨年、前年比5%増加した。今年は世界的な景気減速を背景に0~5%拡大する見通しだ。ドイツ機械工業連盟(VDMA)が17日に明らかにした。

それによると、2011年12月~2012年2月の受注高は前年同期比11%減少している。景気の不透明感から顧客が投資を差し控えているため。ただ人員削減や生産能力の縮小が進んだことから、印刷機メーカーの生産拠点の稼働率は、史上最低となった2009年末時点の57.6%から83.2%まで回復した。

オンラインメディアなど非印刷媒体の普及により顧客数は減少傾向にあるが、独メーカーの世界シェアはオフセット枚葉機で57.2%、オフセット輪転機で38.3%と、それぞれ業界トップを維持している。

なお西部デュッセルドルフでは、5月3~16日、4年に1度開かれる世界最大規模の印刷機材展「ドルッパ(Drupa)2012」が開催される予定。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: その他製造メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

仏アムンディ、独DWSとの事業統合を検討(05/22)

ドイツ銀に会長交代を要求も 複数の主要株主が早期辞任支持(05/22)

ハンガリーから墺への越境通勤者が増加傾向(05/22)

スーパーのディア、破産申請手続きを回避(05/22)

アルストム、水素燃料電池列車を受注(05/22)

チェコとドイツ、AI拠点開設に向け協力(05/22)

米フォード、世界全体で7千人を整理へ(05/22)

元F1レーサーのニキ・ラウダ氏が死去(05/22)

家電量販セコノミー、第2四半期は4%減益(05/22)

VWの世界販売、4月は6.6%減少(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン