• 印刷する

HS2支線敷設計画を撤回 英政府が方針転換、鉄道業界は落胆

イングランド北部とロンドンを結ぶ高速鉄道「ハイスピード2(HS2)」計画を巡り、政府はウエスト・コースト本線と接続するための支線「ゴルボーン(Golborne)線」の敷設を撤回した。地元では敷設に反対する声が強かったが、政府の急な方針転換に鉄道業界では落胆が広がっている。

ゴルボーン線はイングランド北西部ナッツフォード(Knutsford)周辺でHS2から分岐し、マンチェスター東部のゴルボーン近くでウエスト・コースト本線と接続する支線で、総延長は約21キロメートルに上る。総工費は30億ポンドが見込まれており、2030年代前半に着工し、30年代後半から40年代前半に開通する予定だった。

ゴルボーン線はロンドンとスコットランドを結ぶウエスト・コースト本線とHS2を結ぶため、スコットランドとの交通の便が改善することが期待されていた。政府は今後、代替案を検討するとしている。

ゴルボーン線を巡っては、かねて地元議員や地域住民から懸念の声が上がっており、今回の動きは地元では歓迎されている。しかし、鉄道業界はこの支線がなければウエスト・コースト本線にボトルネックが生まれ利便性が損なわれるだけでなく、運輸部門の脱炭素化にもマイナスになるとして、計画撤回を批判している。


関連国・地域: 英国
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

欧州首脳、トランプ氏銃撃で政治暴力を非難(07/16)

新政権の施政方針、内容発表 35法案盛り込み=AI関連など(07/16)

バーバリー、CEO交代=第1四半期は減収(07/16)

ポスト・オフィスCEO、冤罪事件巡り離任(07/16)

住宅の希望売却価格、7月は0.4%低下(07/16)

アフリカでマラリアワクチン開始=英開発(07/16)

香港CK、ロンドンなどへ重複上場検討(07/16)

印エッサール、英で水素燃料発電所を建設(07/16)

イングランドとウェールズ、人口が大幅増加(07/16)

ユニリーバ、3千人整理へ 欧州全域の事務職が対象(07/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン