ルサール、豪合弁の権益回復求め英リオ提訴

ロシアのアルミニウム大手ルサールは、オーストラリアでアルミ精錬所クイーンズランド・アルミナ(QAL)の権益20%の回復を求め、英豪資本の資源大手リオ・ティントを提訴した。オーストラリア連邦裁判所に提出された文書を基に、ロイター通信などが伝えた。 QALの権益はリ…

関連国・地域: 英国ロシアアジア
関連業種: 鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

米ナイキ、ロシアから完全撤退へ(06/27)

G7首脳会議、独で開幕 ウクライナ支援や食料危機協議へ(06/27)

露撤退の日本企業、約2%=G7最低水準(06/24)

独、ガス供給対策で第2段階「警戒」発動(06/24)

英、対露追加制裁を発表=禁輸項目を追加(06/24)

露、今冬に欧州へのガス供給停止も=IEA(06/24)

対露制裁と日本企業が取るべき対策 弊社ウェビナーで岩村弁護士が解説(06/24)

ドバイ、ロシアの商品取引で第2のスイスに(06/23)

リトアニア、対露制裁対象品の輸送を禁止(06/22)

EnBW、米社とLNG長期購入契約(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン