「縁の下」が支える産業変革 メード・イン・ジャパンも存在感

ドイツの北部ハノーバーで開催されている産業見本市「ハノーバー・メッセ」には、日本からも14社・団体(オンライン、現地法人含む)が出展している。会場では車体や最新鋭の大型機器などを持ち寄った欧州各社の演出が際立つが、今回は日本企業の持つ「縁の下の力持ち」の革新的な…

関連国・地域: ドイツアジア
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

独、ガス供給対策で第2段階「警戒」発動(06/24)

BMW、中国合弁のEV工場が正式稼働(06/24)

MGモーター、印でシーメンスと提携(06/24)

DHL、シンガポールで電動バン80台追加(06/24)

ドイツ、2024年から鉄道網を全面改修(06/23)

アウディ、ハンガリー拠点で生産設備拡充(06/23)

米最高裁、除草剤巡るバイエルの上告を棄却(06/23)

米フォード、スペイン東部でEV生産へ(06/23)

独当局、競争法違反でグーグルマップを調査(06/23)

デクセリアルズ、独に光学センター設置へ(06/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン