• 印刷する

BMW、バッテリーセルのR&D拠点開設へ

ドイツの高級車大手BMWは、南部ミュンヘンの工場に1億7,000万ユーロを投資し、バッテリーセルの研究開発(R&D)拠点を開設すると発表した。バッテリーセルの価値創造プロセスを分析し、グループ独自仕様の製品の開発・製造を目指す。段階的な試運転を経て、今秋の生産開始を見込んでいる。

BMWは同拠点で、次世代電気自動車(EV)の電気駆動システム「ニュークラス」で使用するバッテリーセルを製造する予定。品質や生産量、コストなどの面で生産の最適化を図るが、現時点で自社が大規模な生産を行う計画はないとしている。

同拠点では加えて、標準的なバッテリー生産に導入する追加システムや生産工程にも焦点を当てる。操業は持続可能性に配慮し、太陽光発電など再生可能エネルギー由来の電力を使用する計画だ。

同拠点では約80人が勤務する予定。ドイツ政府とバイエルン州政府が、欧州連合(EU)の「欧州共通利益に適合する重要プロジェクト(IPCEI)」の枠組みでこのプロジェクトを支援している。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 自動車・二輪車その他製造マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ルフトハンザ航空、7~8月に2200便欠航(06/27)

北部の風力発電所、グリーンコートが取得へ(06/27)

Ifo企業景況感、6月は悪化(06/27)

旅行TUI、CEOが9月に辞任(06/27)

ビオンテック、ルワンダでワクチン工場着手(06/27)

独、ガス供給対策で第2段階「警戒」発動(06/24)

BMW、中国合弁のEV工場が正式稼働(06/24)

MGモーター、印でシーメンスと提携(06/24)

DHL、シンガポールで電動バン80台追加(06/24)

ドイツ、2024年から鉄道網を全面改修(06/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン