• 印刷する

地下鉄エリザベス線が開通 3年遅れで開業=年間2億人利用

ロンドンで24日、ロンドン交通局(TfL)の横断鉄道プロジェクト、クロスレール(エリザベス線)の主要区間が開通した。当初は2018年12月の予定だったが、3年以上遅れてようやく開業。年間2億人が利用し、住宅開発や雇用創出で英国に420億ポンドの経済効果をもたらす見込みだ。

記念すべき始発電車は午前6時33分(現地時間)、ロンドン中心部パディントンから西方向に出発。数百人の鉄道ファンや通勤客と共に、ロンドンのカーン市長も乗車した。同市長は「この素晴らしい新たな路線は22世紀にふさわしく、私たちが誇るべきだ」とコメントした。

エリザベス線の開通で、ロンドン中心地の鉄道輸送力は10%上昇。これは過去70年で最大規模の増強になるという。

この日から運行開始となったのは、パディントンから南東部アビーウッド(Abbey Wood)までの区間。両駅間の移動にかかる時間は29分とほぼ半減し、パディントンから東部の金融街カナリーウォーフまでの所要時間は17分となる。同区間ではまず、月~土曜日の午前6時半~午後11時に5分おきに運行。夜間や日曜日は工事を続け、全面開通は来年5月となる見通し。

クロスレールは、バークシャー州のレディング(Reading)からロンドン中心部を通り、エセックス州シェンフィールド(Shenfield)までの全長118キロメートルを結ぶプロジェクト。09年5月に着工し、18年の開業を予定していたが、安全検査や信号システムの問題、新型コロナウイルスの流行に伴い工事が一時停止されたことで、工期が大幅に延長した。総工費は188億ポンドだった。


関連国・地域: 英国
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

GDP、第1四半期は0.8%増 コロナ流行前も上回る=改定値(07/01)

オーステッドとトタル、風力発電に共同入札(07/01)

英国、鉄鋼製品5品目の関税割当を2年延長(07/01)

英政府、露ノリリスクCEOらに制裁(07/01)

英、ウクライナ軍事支援に追加で10億ポンド(07/01)

テッバ、水素FC搭載の電気トラック生産へ(07/01)

スウェーデン社、英洋上風力の権益取得(07/01)

日立エナジー、英社と洋上風力送電網で協業(07/01)

スコットランド政府、来年の独立投票を提案(06/30)

ブーツの売却計画、米親会社が断念(06/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン