• 印刷する

航空IAG、ボーイング「737MAX」50機発注

英国の航空大手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)とスペインのイベリア航空を運営するインターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)は19日、米国の航空機大手ボーイングのナローボディー機「737MAX」シリーズ50機を発注することで合意したと発表した。2023~27年にかけて納入される。

内訳は「737MAX8-200」が25機、「737MAX10」が25機。カタログ価格は62億5,000万ドルだが、交渉によってかなり値引きされたという。また、100機を追加購入するオプションも付いており、こちらの納入時期は25~28年となる。いずれも株主による承認が必要。

IAGのルイス・ガレゴ最高経営責任者(CEO)は「ボーイング737型機の新規導入は、IAGの短距離路線における重要な機材更新となる」と説明。グループ内のすべての航空会社で、機材の入れ替え時期に合わせて新型機を導入する方針を示した。

なお、今回の発注は19年のパリ航空ショーでまとまった契約を正式に発注したもの。ただ、当初は200機の購入を予定していたが、規模を大きく縮小した。なお「737MAX」は、18年と19年に立て続けに2回の墜落事故を起こしており、IAGとの契約はボーイングにとっては事故後で初めての大型受注だった。


関連国・地域: 英国アイルランドスペイン米国
関連業種: その他製造運輸

その他記事

すべての文頭を開く

露政府、サハリン2の資産移管で新会社設立(07/04)

シティー空港、発着枠拡大へ 31年までに利用者900万人目指す(07/04)

伊藤忠、AKQAと合弁=日本拠点新設(07/04)

ネーションワイド住宅価格、6月は伸び減速(07/04)

乗用車生産、5月は13.3%増加(07/04)

住宅ローン承認件数、5月は増加(07/04)

ブリティッシュボルト、韓国ポスコと提携(07/04)

GDP、第1四半期は0.8%増 コロナ流行前も上回る=改定値(07/01)

オーステッドとトタル、風力発電に共同入札(07/01)

英国、鉄鋼製品5品目の関税割当を2年延長(07/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン