ポルトガル、浮体式太陽光発電所が稼働へ

ポルトガル南西部のアルケバ(Alqueva)・ダムで7月、欧州最大の浮体式太陽光発電システムが稼働する見通しだ。ポルトガル電力公社(EDP)が設置を進めているもので、設備容量は5メガワットを予定する。プロジェクトの責任者ミゲル・パテナ氏の話を元に、ロイター通信が9日伝…

関連国・地域: ポルトガル
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

露外務省、仏・伊などの外交官を国外追放(05/20)

欧州で「サル痘」感染が発覚=各国が警戒(05/20)

グリーンボルト、ルーマニアで再生エネ拡大(05/19)

タレス、欧州のサイバー防衛企業2社を買収(05/18)

ポルトガル政府、ガス価格上限法案を承認(05/17)

ポルトガルのインフレ率、4月は7.2%(05/16)

スペイン、発電所向けガス価格の上限設定(05/16)

ポルトガル、浮体式太陽光発電所が稼働へ(05/11)

スペインなど、ガス価格制限で欧州委と合意(04/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン