ボッシュ、グリーン水素に5億ユーロ投資

ドイツの自動車部品大手ロバート・ボッシュは、2030年までにグリーン水素分野に5億ユーロを投じると発表した。輸送機器などに用いられる水素を抽出するための電気分解技術を開発する狙い。 同社は電動化や水素などの気候中立技術に、向こう3年間で30億ユーロ程度をつぎ込む方針…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

シーメンスとアウディ、UAEでEV推進(07/04)

独スチール、ルーマニアに新生産施設を開設(07/04)

高級車アウディ、ブラジルで生産再開へ(07/04)

ランボルギーニ、電動化に18億ユーロ投資(07/04)

機械受注高、5月は13%増加(07/04)

中国・国軒高科、独で電池生産拠点が着工(07/04)

韓国サムスン、サイノラの有機EL特許買収(07/04)

ユニパー、独政府と救済協議 露ガス代替調達のコスト増見据え(07/01)

ダイムラー、FCトラックに液体水素補給(07/01)

シーメンス、米社とメタバース構築で提携(07/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン