• 印刷する

地下鉄エリザベス線が開通へ ロンドンで24日から=3年遅れ

ロンドン交通局(TfL)は4日、24日にロンドン横断鉄道プロジェクト、クロスレール(エリザベス線)の主要区間が開業すると発表した。当初は2018年12月の予定だったが、3年以上遅れてようやく開業の運びとなった。

運行開始となるのは、ロンドン中心部パディントンから南東部アビーウッド(Abbey Wood)までの区間で、これによりエリザベス線の営業が始まる。両駅間の移動にかかる時間は29分とほぼ半減し、パディントンから東部の金融街カナリーウォーフまでの所要時間は17分となる。

同区間ではまず、月~土曜日の午前6時半~午後11時に5分おきに運行し、夜間や日曜日は工事を続ける。全面的な開通は来年5月となる見通し。

クロスレールは、バークシャー州のレディング(Reading)からロンドン中心部を通り、エセックス州シェンフィールド(Shenfield)までの全長118キロメートルを結ぶプロジェクト。今回の開業に伴い、既にTfLレールの名前で運行されている、レディングおよびヒースロー空港からパディントンと、シェンフィールドからロンドン中心部リバプールストリートまでの区間は、エリザベス線に改称される。ただ、今秋まではロンドン中心部の路線と接続せず、乗り換えが必要となる。

このプロジェクトは09年5月に着工した。18年の開業を予定していたが、安全検査や信号システムの問題が相次いだ上、新型コロナウイルスの流行に伴い工事が一時停止されたことで、工期が大幅に延長。総工費の見積もりも、10年時点では148億ポンドだったが、20年12月には188億ポンドに引き上げられた。


関連国・地域: 英国
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

入国審査官がスト実施 ヒースロー空港=5月末から(05/21)

EU離脱後の新通関制度、費用47億ポンドに(05/21)

英韓、AIサミット共催=21日から(05/21)

アストラゼネカ、シンガポールに工場建設(05/21)

R・メール、買収案受け入れ チェコ複合企業が提示額引き上げ(05/20)

製薬GSK、ヘイリオンの残り株売却(05/20)

セインズベリー、AI活用へ=米MSと提携(05/20)

グリーン水素投資、炭素中立の妨げにも(05/20)

GFG傘下の豪製鉄所、グリーン化に遅れ(05/20)

スナク首相夫妻の資産、6.5億ポンドに増加(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン