モラー・マースク、第1四半期は過去最高益

デンマークの海運大手APモラー・マースクは4日、第1四半期(1~3月)の純利益(特別損益除く)が74億6,900万ドルとなり、前年同期から2.8倍に増加したと発表した。ロシア事業の撤退に伴い7億ドル超の損失を計上したが、サプライチェーン(調達・供給網)の混乱などによる運…

関連国・地域: デンマーク
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

触媒トプソー、世界最大の電解槽工場建設へ(05/24)

エバーフュエル、可動式水素ユニット導入(05/23)

ギリシャ、ロシア産重油の再輸出拠点に(05/23)

ドイツなど4カ国、洋上風力発電拡大で合意(05/20)

豪NSW州、脱炭素化でデンマークと提携(05/18)

レゴ、越で工場向け太陽光発電施設を建設へ(05/17)

オーステッド、台湾の洋上風電会社に増資へ(05/06)

モラー・マースク、第1四半期は過去最高益(05/05)

リトアニアとポーランド結ぶガス導管が稼働(05/05)

ヴェスタス、第1四半期は赤字拡大(05/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン