• 印刷する

ロンドン―シドニー便就航へ 豪カンタス、世界最長の約20時間

オーストラリアのカンタス航空は2日、2025年末までにシドニー―ロンドン間とシドニー―ニューヨーク間の直行便を就航させると発表した。ロンドンまでの直行便の飛行時間は約20時間と、世界最長となる。同社はこれに伴い、欧州航空・防衛最大手エアバスの「A350―1000」を12機発注した。

カンタス航空は、こうした長距離便の運航計画を「プロジェクト・サンライズ」と名付け、5年前から取り組んできた。18年にはパース―ロンドン間を17時間で飛行する直行便を就航。19年には調査飛行により、シドニーとロンドン、ニューヨークを結ぶ直行便をそれぞれ19時間19分、19時間超で飛行した。計画では、シドニー発着に続き、メルボルン発着の直行便も就航させる。

新機材の納入は25年に始まり、28年までに完了する。1機当たりの乗客数は238人で、座席は既存の航空機よりも広くする。機内の中央部には、セルフサービスのスナックバーやストレッチと運動ができるスペースを備えた「ウェルビーイングゾーン」も設ける。

同社は併せて、国内線の機材を刷新するため、エアバスに「A321XLR」と「A220」を20機ずつ発注するほか、「A320」と「A220」のファミリーを合わせて94機追加購入するオプション契約を結ぶことも明らかにした。


関連国・地域: 英国フランスアジア米国
関連業種: その他製造運輸

その他記事

すべての文頭を開く

英下院の補欠選、与党が敗北 ジョンソン政権への不信感鮮明に(06/27)

BA、ヒースロー従業員が賃上げスト計画(06/27)

小売売上高、5月は0.5%減少(06/27)

GfK消費者信頼感、6月は過去最低(06/27)

バークレイズ、住宅金融専門会社を買収(06/27)

英、アフリカの水力発電所に2億ドル投資(06/27)

英、対露追加制裁を発表=禁輸項目を追加(06/24)

財政収支、5月は赤字縮小(06/24)

決済サムアップ、6億ユーロ弱調達(06/24)

CBI小売売上高、6月は悪化(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン