• 印刷する

露、東欧2カ国にガス供給停止 ルーブル建て支払い拒否で

天然ガスで世界最大手の露ガスプロムは27日、ポーランドとブルガリアへの天然ガス供給を停止したと発表した。両国がルーブル建てでの代金支払いに応じなかったため。ロシアのウクライナ侵攻を受け欧米諸国が経済制裁を拡大する中、ロシアはエネルギーを使って報復措置に出た格好。これに対しポーランドとブルガリアの両政府は、供給停止は契約違反と反発している。

ポーランドの国営ガス・石油大手PGNiGは、27日午前8時(現地時間)をもって、ヤマル欧州パイプライン経由での天然ガス輸送を「完全に停止した」とガスプロムから通知を受けたと発表。PGNiGは12日に、ルーブル建てでのガス代金の支払いを拒否していた。同社は、今回の供給停止は契約違反だと主張している。

ブルガリアの国営ガス会社ブルガルガス(Bulgargaz)もガスプロムから同様の通知を受けた。ニコロフ・エネルギー相は、ブルガリアは既に4月分の代金を支払っており、供給停止は契約違反だと反発している。ブルガリア政府は、天然ガスの代替調達先を探す方針。

欧州の天然ガス価格の指標となるオランダTTF先物5月限は27日朝には一時、前日終値を19%上回る1メガワット時当たり117ユーロまで上昇した。

ロシアのプーチン大統領は3月末、ロシア産天然ガスを「非友好国・地域」が購入する際に、ルーブル建ての支払いを求める法令に署名。これに応じなければ供給を停止するとしていた。


関連国・地域: ポーランドブルガリアロシア
関連業種: 天然資源政治

その他記事

すべての文頭を開く

露、欧州3行の資産接収=総額7億ユーロ超(05/21)

ポーランド、国境警備強化に100億ズロチ(05/21)

ロシア、ガソリン禁輸の解除を計画(05/21)

マレーシア政府、ロシアと租税協定調印(05/21)

ブルガルガス、露ガスプロムに損害賠償請求(05/20)

モルドバ、EU加盟巡り国民投票=10月(05/20)

ロシアと中国、エネルギー分野で協力拡大(05/20)

中国、対露支援を縮小せず=欧米要求も(05/20)

露中首脳、連携強化を確認=共同声明署名(05/17)

独国内の露凍結資産、40億ユーロ=財務省(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン