• 印刷する

スコットランド、初の自動運転バス試験開始

スコットランドで25日、英国初となる自動運転バスの試験運用プロジェクト「CAVフォース」が始まった。向こう2週間にわたり実地検証を行い、今夏の終わりまでに本格運用に切り替える計画。自動運転バスの運行を担うバス・鉄道運行大手ステージコーチが発表した。

このプロジェクトには、テクノロジー会社のフュージョン・プロセシング、バス車両メーカーのアレクサンダー・デニス(ADL)、スコットランド鉄道、英政府の政策研究機関センター・フォー・コネクテッド・アンド・オートノマス・ビークルズ(CCAV)が参加する。

試験運用では、米自動車技術者協会(SAE)が定める「レベル4(高度自動運転)」に対応した1階建ての車両5台を投入する。バスはゼロから5まで6段階の自動運転システムを備えており、ゼロから2まではドライバーによる運転や監視が必要だが、3から5になると完全な自律走行に切り替わる。

走行区間はエディンバラからファイフ(Fife)までの22.5キロメートルで、フォース湾にかかるフォース橋やインターチェンジ(IC)なども走行する。試験期間中は乗客は乗せないが、本格運用後の乗客数は1台当たり最大36人で、週当たり約1万人の輸送が可能になるとしている。

夏の終わりまでに本格運用への切り替えを目指す(ステージコーチ提供)

夏の終わりまでに本格運用への切り替えを目指す(ステージコーチ提供)


関連国・地域: 英国
関連業種: 自動車・二輪車運輸

その他記事

すべての文頭を開く

インフレ率、4月は9%=過去40年で最高(05/19)

生産者物価、4月は14%上昇(05/19)

ロンドン・シティー空港、30年にゼロ排出へ(05/19)

バーバリー、通期は4%増益(05/19)

食品加工プレミア・フーズ、通期は11%増益(05/19)

ブリティッシュボルト、モナコ社が出資(05/19)

北ア議定書を一方的変更へ 英政府、改正法案近く議会に提出(05/18)

失業率、3月は3.7%=過去50年弱で最低(05/18)

ドラックス、スコットランドで揚水発電拡大(05/18)

携帯電話ボーダフォン、通期は4.9倍に増益(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン