• 印刷する

ウクライナ、EU加盟に向け質問書に回答

ウクライナのゼレンスキー大統領は、欧州連合(EU)への加盟手続きの初期段階である質問書に回答し、欧州委員会に提出した。同大統領は「数週間以内に加盟候補国として認定手続きが行われると強く信じている」と期待感を示した。ウクライナ大統領府が18日発表した。

ウクライナは2月28日、EU加盟を正式に申請。フォンデアライエン欧州委員長が4月8日にウクライナの首都キーウ(キエフ)を訪問した際、この質問書をゼレンスキー大統領に手渡し、迅速に手続きを進めると約束していた。

ウクライナ大統領府は、同大統領は6月の欧州理事会でウクライナが加盟候補国として認められることを期待していると述べた。

ウクライナのEU加盟を巡っては、フォンデアライエン欧州委員長がかねて、「ウクライナはわれわれの一員、EUに加わってほしい」と発言するなど、加盟に前向きな姿勢を見せている。ただ加盟国の間では、支持派と慎重派が混在している。[EU規制]

質問書を提出するゼレンスキー大統領(左)(ウクライナ大統領府提供)

質問書を提出するゼレンスキー大統領(左)(ウクライナ大統領府提供)


関連国・地域: EUウクライナ
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

G7外相会合、ウクライナ危機や食料難協議(05/16)

ウクライナ、露から欧州へのガス導管を停止(05/12)

米国、ウクライナ産鉄鋼関税を1年免除(05/11)

ウクライナ経済、30%縮小も=EBRD(05/11)

「欧州政治共同体」を提唱 ウクライナ加盟を想定=仏大統領(05/11)

プーチン大統領、対独「戦勝記念日」で演説(05/10)

マクロン大統領、2期目の就任式(05/10)

G7、露産石油を段階的禁輸へ ウクライナ支援強化でも合意(05/10)

英、対露制裁拡大でプラチナなどの関税上げ(05/10)

EU、露産石油輸送船の保険適用禁止を提案(05/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン