ラトビア連立政権、LNG基地建設で合意

ラトビアの連立政権は11日、自国の液化天然ガス(LNG)ターミナルを建設することで基本合意した。経済省は建設候補地と出資者の選定を行う一方、エストニアおよびフィンランドからのガス供給交渉も続けるとしている。 ビテンベルク経済相によると、LNGターミナルの候補地に…

関連国・地域: ラトビア
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

フィンランド、初の浮体式LNG施設建設(06/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン