リオ、露ルスアルとの豪アルミ合弁解消か

英豪資本の資源大手リオ・ティントは、ロシアのアルミ大手ユナイテッド・カンパニー・ルスアル(RUSAL)と合弁で運営するオーストラリアのアルミ精錬所クイーンズランド・アルミナ(QAL)の経営上の意思決定から、ルスアルを排除することを決めた。また、ルスアルが有する…

関連国・地域: 英国ロシアアジア
関連業種: 鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

イベルドローラ、英に高圧電解槽の試験工場(05/24)

グローリー、新興ワンバンクスに追加出資(05/24)

スコットレール、運転士不足で一時的に減便(05/24)

欧州、サル痘防疫で隔離やワクチン奨励へ(05/24)

英首相官邸の宴会捜査完了 コロナ規制違反で罰金126件(05/23)

ロンドン、超低排出区域の拡大で意見公募(05/23)

米テスラ、ベルギー充電網を他社EVに開放(05/23)

GfK消費者信頼感、5月は過去最低(05/23)

英国、メキシコとFTA交渉開始へ(05/23)

英、露航空3社に新制裁=発着枠転売を禁止(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン