シュコダ、ドアパネル不足で未完成車2万台に

ドイツの自動車大手フォルクスワーゲン(VW)のチェコ子会社シュコダ・オートは、2万台の未完成車を抱えているようだ。主力の「オクタビア」用のドアパネル供給が滞っているため。チェコ通信などが24日伝えた。 スペインの自動車内装部品メーカー、グルーポアントリン(Grupo …

関連国・地域: スペインチェコ
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

チェコ、ガス備蓄に向け国営取引会社設立へ(05/18)

シュコダ、印でEV「エンヤク」の走行試験(05/13)

チェコ大統領、次期中銀総裁を指名(05/12)

チェコ中銀、5.75%に利上げ(05/09)

チェコ新車登録台数、4月は22.5%減少(05/09)

チェコ政府、ガス備蓄増大=CEZから購入(05/03)

チェコ企業景況感、4月は改善(04/26)

シュコダ、印で認定中古車事業を拡大へ(04/26)

チェコ乗用車生産、3月は21%減少(04/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン