A・ミタル、ボスニアの熱電併給施設が稼働

鉄鋼で欧州最大手のアルセロール・ミタル(ルクセンブルク)は24日、ボスニア・ヘルツェゴビナ中部ゼニカ(Zenica)のコージェネレーション(熱電併給)プラントが本格的に操業を開始したと発表した。同社の製鉄所から排出される二酸化硫黄(SO2)と粉じんを80%削減しつつ、暖…

関連国・地域: ルクセンブルクボスニアヘルツェゴビナ
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

独、スルプスカ共和国へのインフラ融資停止(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン