• 印刷する

英中銀、0.75%に利上げ インフレ加速受け3会合連続

英中銀イングランド銀行は17日、16日に開いた金融政策委員会(MPC)で政策金利を0.5%から0.25ポイント引き上げ、0.75%とすることを決めたと発表した。ロシアのウクライナ侵攻を受けインフレが一段と加速する中、2月のMPCに続き3回連続での利上げとなる。

議事録によると、今回の利上げは金融政策委員9人のうち8人が支持。ジョン・カンリフ副総裁のみが据え置きを主張した。

英国の1月のインフレ率は5.5%と前月から0.1ポイント加速し、1992年3月以降で最高を記録した。

中銀は今後のインフレ率について、2月と3月は約6%で推移すると予想。4月のインフレ率については、前回のMPC議事録では約7.25%と予想していたが、今回これを8%に引き上げた。6月まではこれに近い水準で推移するとみており、10月に電力・ガス料金が再び大幅に引き上げられれば、年末にはさらにインフレが加速する可能性もあるとしている。

国内総生産(GDP)については、1月の伸びが予想を上回ったことから、第1四半期(1~3月)の成長率見通しを引き上げ0.75%とした。ただ、物価上昇による家計へのしわ寄せや実質可処分所得の低下を背景に、向こう数カ月に需要が減退する恐れもあるとしている。


関連国・地域: 英国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

保守党、支持率で3位転落 総選挙大敗に現実味=世論調査(06/17)

労働党、マニフェスト公表=経済成長を優先(06/17)

住宅建設クレスト、同業からの買収提案拒否(06/17)

G7、ウクライナ融資で合意=露資産活用(06/17)

英、ベトナム産製品94.4%の関税撤廃へ(06/17)

資源リオのリチウム事業は「安全」=専門家(06/14)

英政治への信頼、過去最低 コロナ以降の混乱原因=世論調査(06/14)

オランダ、4ギガワット級洋上風力発電承認(06/14)

「AIのリスク」熱論、スタートアップ祭典(06/14)

通信BT、メキシコ実業家が少数株取得(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン