ウクライナ停戦交渉、難航も歩み寄りの余地

ロシアによるウクライナ侵攻が続く中、両国は16日も引き続き停戦交渉を行った。ウクライナのゼレンスキー大統領は、双方の立場が現実的になってきたとした上で、合意に至るにはさらなる時間が必要だと発表。一方、ロシアのラブロフ外相は「妥協点を見いだせる兆しはある」とし、ウ…

関連国・地域: ロシアウクライナ
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

JICA、ウクライナに円借款130億円(05/18)

G7外相会合、ウクライナ危機や食料難協議(05/16)

ウクライナ、露から欧州へのガス導管を停止(05/12)

米国、ウクライナ産鉄鋼関税を1年免除(05/11)

ウクライナ経済、30%縮小も=EBRD(05/11)

「欧州政治共同体」を提唱 ウクライナ加盟を想定=仏大統領(05/11)

マクロン大統領、2期目の就任式(05/10)

G7、露産石油を段階的禁輸へ ウクライナ支援強化でも合意(05/10)

英、対露制裁拡大でプラチナなどの関税上げ(05/10)

プーチン大統領、対独「戦勝記念日」で演説(05/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン