レオニ、ウクライナ危機で見通しを下方修正

ドイツのケーブル大手レオニ(Leoni)は14日、ロシアによるウクライナ侵攻の経済的影響を踏まえ、2022年度の業績見通しを下方修正すると発表した。同社は、ウクライナの2カ所の工場で合わせて3億ユーロ弱相当の出荷と、ロシアで1億ユーロ弱の売り上げを想定していた。 2月発表…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: その他製造


その他記事

すべての文頭を開く

グリーンボルト、ルーマニアで再生エネ拡大(05/19)

独、エネルギー効率改善計画を発表(05/19)

ノルドストリーム2関連の環境団体、解体か(05/19)

シーメンス・エナジー、ガメサのTOB検討(05/19)

独エネ貯蔵社、シンガポールで施設建設へ(05/19)

ダイムラー・トラック、通期は73%減益(05/18)

4iG、独ラインメタルなどと防衛合弁設立(05/18)

アウディ、半導体不足で生産を一時停止(05/18)

独首相の社会民主党、最大州議会選でも敗北(05/17)

水素開発HH2E、英投資2社が出資(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン