豪FMGとエアバス、水素航空機開発で協業

オーストラリアの鉄鉱石採掘大手フォーテスキュー・メタルズ・グループ(FMG)が、水素を燃料とする二酸化炭素(CO2)排出ゼロの旅客機の開発に向けて、欧州航空・防衛最大手エアバスと研究開発(R&D)で協業することが分かった。2035年までに商業飛行の実現を目指す。地…

関連国・地域: フランスアジア
関連業種: 化学運輸


その他記事

すべての文頭を開く

仏大統領、新内閣を発表=継続性重視(05/24)

エールフランス、資金注入巡りアポロと協議(05/24)

シュナイダー、マレーシアに新営業拠点(05/24)

ルノー、燃料電池SUVのプロトタイプ公開(05/23)

フィリピン輸入品販売SSI、グッチと合弁(05/23)

ウクライナに198億ドル支援 G7、インフレ状況も注視(05/23)

暗号資産取引バイナンス、独事業免許取得へ(05/20)

仏ソジェン、露金融・保険事業の売却完了(05/20)

露外務省、仏・伊などの外交官を国外追放(05/20)

エールフランスとCMA、航空貨物で提携(05/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン