• 印刷する

DAX銘柄、2社を入れ替え ダイムラー・トラックなど採用

フランクフルト証券取引所を運営するドイツ取引所は4日、ドイツ株式指数(DAX)を構成する40社のうち2社を入れ替えると発表した。銘柄の定期見直しのためで、化粧品大手バイヤスドルフとシーメンス・エナジーが脱落する一方、商用車大手ダイムラー・トラックとハノーバー再保険が新たに組み込まれる。更新は3月21日から適用する。

ダイムラー・トラックは昨年12月、自動車大手ダイムラー(当時)からスピンオフ(事業の分離・独立)し、フランクフルト証取に上場。2025年までにEBIT(利払い・税引き前利益、特別損益除く)ベースの利益率を10%にする目標に掲げる。なお、ダイムラーはこれを機に社名を「メルセデス・ベンツ・グループ」に変更している。

ハノーバー再保険の21年12月期決算は純利益(速報値)が12億3,000万ユーロとなり、自社予想の上限を達成。22年は純利益が14億~15億ユーロに拡大するとの見通しを示している。

一方、総合電機大手シーメンスからスピンオフ(事業の分離・独立)したシーメンス・エナジーは、第1四半期(21年10~12月)の純損失が2億4,000万ユーロとなり、前年同期の9,900万ユーロの黒字から赤字に転落。世界的なサプライチェーン(調達・供給網)の混乱などが響いた。

「ニベア」を擁するバイヤスドルフは、21年12月期に9.9%の増益を達成。ただEBITベースの利益率は13%と0.1ポイントの改善にとどまっており、今年も横ばいを見込む。

なお、DAX構成銘柄は昨年9月に従来の30社から40社に拡大された。ドイツの決済サービス大手ワイヤーカード・グループの不正会計疑惑を受けた改革の一環で、銘柄の多様性を広げることで指数の質を高めるとともに、国際基準にかなうものにすることが狙い。一方、MDax(ドイツ中型株指数)の銘柄数は、従来の60社から50社に減らされている。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 自動車・二輪車化学金融電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

独経済、今年も改善見込めず 労働力不足など課題=商工会議所(05/24)

AI翻訳ディープエル、3億ドル調達(05/24)

EU、露産ガスから完全脱却可能=独研究所(05/24)

英シェル、独ケルンの複合石化施設を改修か(05/24)

医薬品容器ゲレスハイマー、伊同業を買収(05/24)

ユーロ圏PMI、5月は上昇 過去1年で最高=速報値(05/24)

DHL、中国初のNEV専用拠点を上海開設(05/24)

強制送還、第1四半期は34%増加=ドイツ(05/24)

暗号資産の投資商品、LSEで初上場へ(05/24)

インフレ、再加速の可能性 賃金上昇が予想上回る=連銀月報(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン