• 印刷する

英、対露追加制裁を導入 中銀など取引禁止で米とも連携

英政府は2月28日、ロシアのウクライナ侵攻を受けて、ロシア中央銀行をはじめ同国の金融機関や企業を対象とした追加制裁を発表した。中銀への制裁では米国や欧州連合(EU)などと連携し、外貨準備を使った外為市場への介入を阻止することでロシア経済に打撃を与える狙い。

英政府は新たな制裁措置として、◇ロシア中銀やロシア政府系ファンドのナショナル・ウェルス・ファンド(NWF)、ロシア財務省が関与する取引の禁止◇既に英国内で禁止しているロシア国債の発行に加えて、ロシア企業による英国での証券や金融商品の発行阻止◇特定の銀行による英通貨ポンドへのアクセスや英国での決済を阻止することで、英国経由の支払い処理や英金融市場へのアクセスを遮断◇電子機器や通信、航空宇宙など高度な技術機器・部品の輸出禁止――などを挙げている。一連の措置は、ロシアの銀行の資産を凍結し、露政府と同国の重要な産業や企業が英金融市場で資金を調達することを禁止する目的としている。

英政府はこうした制裁により、ロシア経済に壊滅的な打撃を与えると説明。スナク財務相は「ウクライナとの紛争が続く限りロシアに最大のコストを科し、同国を国際金融システムから切り離すという確固たる決意を示すもの」と述べている。


関連国・地域: 英国EUロシアウクライナ米国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

航空IAG、ボーイング「737MAX」50機発注(05/20)

イージージェット、上半期は赤字縮小(05/20)

ナショナル・グリッド、通期は2.1倍に増益(05/20)

住宅修理ホームサーブ、カナダ社が買収(05/20)

JAL、7月から欧州路線を増便(05/20)

欧州で「サル痘」感染が発覚=各国が警戒(05/20)

インフレ率、4月は9%=過去40年で最高(05/19)

生産者物価、4月は14%上昇(05/19)

ロンドン・シティー空港、30年にゼロ排出へ(05/19)

バーバリー、通期は4%増益(05/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン