• 印刷する

欧州バッテリー同盟、アカデミーを創設

欧州連合(EU)域内の電気自動車(EV)用バッテリー関連企業が参加する「欧州バッテリー同盟」は23日、域内の人材育成に向け欧州バッテリー・アカデミーを設立した。EUが1,000万ユーロを拠出する。域内でのバッテリー自給自足に向け、80万人を訓練する計画の一環。

EUは2017年、EU域内でのEV向けバッテリーの自給自足に向け、欧州バッテリー同盟を結成。欧州委員会のシェフチョビッチ副委員長兼エネルギー同盟担当委員は今回、欧州でのバッテリー生産加速により30年までに域内需要の90%近くを満たせるとの見方を示した上で、そのためには25年までに労働者約80万人を訓練または再訓練する必要があると指摘した。

欧州バッテリー・アカデミーはこれに向け、欧州バッテリー同盟の会員やパートナーと協力し、欧州共通の訓練プログラムを構築する。これにより、現場での人材育成の迅速化とコスト削減を図る。同アカデミーには、EUの新型コロナ危機からの復興基金の一部である地域復興支援基金REACT―EUから、1,000万ユーロが提供される。

シェフショビッチ氏によると、欧州バッテリー同盟の会員は700件超に達し、同同盟の下では現在、20件の大規模工場「ギガファクトリー」建設を含む111件のプロジェクトが進んでいる。[環境ニュース][労務]


関連国・地域: EU
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

G7、ウクライナ支援を協議 財務相・中銀総裁会議=独で開幕(05/20)

EU、化学物質のグループ別規制へ前進 <連載コラム・環境フォーカス>第65回(05/20)

EU、露産エネ依存脱却に3千億ユーロ投資(05/20)

EU、ウクライナに90億ユーロ追加支援へ(05/20)

北欧2カ国のNATO加盟にトルコが反対(05/20)

ドイツなど4カ国、洋上風力発電拡大で合意(05/20)

欧州議会「ドイツ元首相を制裁対象に」(05/20)

ユーロ圏建設業生産、3月は横ばい(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン