• 印刷する

ECB、800行に5千億ユーロを融資

欧州中央銀行(ECB)は2月29日、欧州連合(EU)内の銀行を対象とした期間3年の低利融資の入札を実施し、800行の金融機関に5,295億ユーロを供給する方針を明らかにした。融資は昨年12月に続く2回目で、供給総額は1兆ユーロを超える。これにより債券・株式市場の浮揚を狙う。

融資金利は貸出し期間におけるECBの政策金利を平均したもので、現在は1%。各行は1年後に前倒しで返済することもできる。この無制限の供給により銀行の流動性を高め、ユーロ圏の国債の買い支えを目指す。前回は523行に4,890億ユーロを供給。これにより2年物のスペイン国債の金利が3.6%から2.28%に、2年物のイタリア国債の金利が5%から2.14%に低下するなど効果が出ていた。

巨額の融資によりECBのバランスシートは大きく膨れ上がることになる。ECBは3回目の融資の計画は明らかにしていないが、同行の高官は次回の実施について消極的な姿勢を示している。


関連国・地域: EUイタリアスペイン
関連業種: 金融

その他記事

すべての文頭を開く

離脱協定の大幅変更を拒否 メイ首相、野党の要望に応じず(01/21)

イタリア、社会保障と年金改革案を閣議決定(01/21)

ルノー、昨年は再び記録更新 中国2ブランド組み入れが寄与(01/21)

【今週の主な予定】1月21~25日(01/21)

ポルトガル、空港に英国人向けの特別レーン(01/21)

EU住宅価格、第3四半期は4.3%上昇(01/21)

仏政府、ハードブレグジット対策を発動(01/21)

蘭フィリップス、イングランドの工場閉鎖へ(01/21)

ユーロ圏企業投資率、23.3%に上昇(01/21)

欧州委、BASFのソルベイ事業買収を承認(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン