• 印刷する

ECB、800行に5千億ユーロを融資

欧州中央銀行(ECB)は2月29日、欧州連合(EU)内の銀行を対象とした期間3年の低利融資の入札を実施し、800行の金融機関に5,295億ユーロを供給する方針を明らかにした。融資は昨年12月に続く2回目で、供給総額は1兆ユーロを超える。これにより債券・株式市場の浮揚を狙う。

融資金利は貸出し期間におけるECBの政策金利を平均したもので、現在は1%。各行は1年後に前倒しで返済することもできる。この無制限の供給により銀行の流動性を高め、ユーロ圏の国債の買い支えを目指す。前回は523行に4,890億ユーロを供給。これにより2年物のスペイン国債の金利が3.6%から2.28%に、2年物のイタリア国債の金利が5%から2.14%に低下するなど効果が出ていた。

巨額の融資によりECBのバランスシートは大きく膨れ上がることになる。ECBは3回目の融資の計画は明らかにしていないが、同行の高官は次回の実施について消極的な姿勢を示している。


関連国・地域: EUイタリアスペイン
関連業種: 金融

その他記事

すべての文頭を開く

EU、英国に法的措置開始 国内市場法案巡り「義務違反」(10/02)

英国車、日本製部品使用ならEUが関税も(10/02)

アゼルバイジャンとアルメニアに停戦要請(10/02)

<連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第23回 コロナ禍で揺らぐ国際通貨の地位(10/02)

EU首脳会議、トルコ東地中海問題など協議(10/02)

9月は過去2年超で最高 ユーロ圏製造業PMI確定値(10/02)

ユーロ圏失業率、8月は8.1%に悪化(10/02)

ユーロ圏生産者物価、8月は2.5%低下(10/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン