今年の経済回復の原動力は観光=欧州委調査

欧州連合(EU)市民は昨年、72%が観光旅行をし、今年も80%以上が旅行を予定している――。欧州委員会が5日公表したEUの世論調査「ユーロバロメーター」で明らかになった。欧州では昨年に続き今年も観光業が伸びるもようで、域内の経済回復の原動力となりそうだ。

昨年に旅行をした人の割合は前年とほぼ同じで、行き先は自国内かEU内の他の国が多い。特に人気があったのはスペイン(11%)で、これにイタリア(9%)、フランス(8%)、ドイツ(5%)、オーストリア(5%)、ギリシャ(4%)が続く。一方、今年については、回答者のうち33%が当初の計画を変更したものの、4~13泊の長期滞在を予定している人は41%と、短期滞在の27%を上回った。行き先ではスペインを筆頭に、昨年とほぼ同じ国が並んでいる。

欧州委のタヤーニ産業・企業担当委員は、「今回のデータは欧州の観光業が昨年に引き続き今年も好調なことを裏付けるもの」と評している。


関連国・地域: ドイツフランスEUイタリアオーストリアギリシャスペイン
関連業種: 経済一般・統計観光・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

ギリシャ、金融支援脱却後の成長計画を発表(05/25)

ガスプロム、罰金回避へ EU競争法違反巡る問題に決着(05/25)

MKB銀行、最大30%株を上場へ(05/25)

EU離脱後の通関費用、年間200億ポンドも(05/25)

独GDP成長率、改定値も0.3%(05/25)

<連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第3回 進むユーロ安の背景(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

ディーゼル車規制、ハンブルクで31日から(05/25)

伊大統領、首相候補のコンテ氏を承認(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン