• 印刷する

今年の経済回復の原動力は観光=欧州委調査

欧州連合(EU)市民は昨年、72%が観光旅行をし、今年も80%以上が旅行を予定している――。欧州委員会が5日公表したEUの世論調査「ユーロバロメーター」で明らかになった。欧州では昨年に続き今年も観光業が伸びるもようで、域内の経済回復の原動力となりそうだ。

昨年に旅行をした人の割合は前年とほぼ同じで、行き先は自国内かEU内の他の国が多い。特に人気があったのはスペイン(11%)で、これにイタリア(9%)、フランス(8%)、ドイツ(5%)、オーストリア(5%)、ギリシャ(4%)が続く。一方、今年については、回答者のうち33%が当初の計画を変更したものの、4~13泊の長期滞在を予定している人は41%と、短期滞在の27%を上回った。行き先ではスペインを筆頭に、昨年とほぼ同じ国が並んでいる。

欧州委のタヤーニ産業・企業担当委員は、「今回のデータは欧州の観光業が昨年に引き続き今年も好調なことを裏付けるもの」と評している。


関連国・地域: ドイツフランスEUイタリアオーストリアギリシャスペイン
関連業種: 観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ワクチン普及の遅れが影落とす経済回復の道 <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第25回(03/05)

米、ウクライナ問題巡る対露制裁を1年延長(03/05)

英政府、通関検査免除を延長 英・北ア間、EUは強く批判(03/05)

オランダのインフラ省、排ガス不正を告発(03/05)

ユーロ圏失業率、1月は横ばいの8.1%(03/05)

ユーロ圏小売売上高、1月は5.9%減少(03/05)

米・EU、ナワリヌイ氏問題で対露制裁発動(03/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン