• 印刷する

今年の経済回復の原動力は観光=欧州委調査

欧州連合(EU)市民は昨年、72%が観光旅行をし、今年も80%以上が旅行を予定している――。欧州委員会が5日公表したEUの世論調査「ユーロバロメーター」で明らかになった。欧州では昨年に続き今年も観光業が伸びるもようで、域内の経済回復の原動力となりそうだ。

昨年に旅行をした人の割合は前年とほぼ同じで、行き先は自国内かEU内の他の国が多い。特に人気があったのはスペイン(11%)で、これにイタリア(9%)、フランス(8%)、ドイツ(5%)、オーストリア(5%)、ギリシャ(4%)が続く。一方、今年については、回答者のうち33%が当初の計画を変更したものの、4~13泊の長期滞在を予定している人は41%と、短期滞在の27%を上回った。行き先ではスペインを筆頭に、昨年とほぼ同じ国が並んでいる。

欧州委のタヤーニ産業・企業担当委員は、「今回のデータは欧州の観光業が昨年に引き続き今年も好調なことを裏付けるもの」と評している。


関連国・地域: ドイツフランスEUイタリアオーストリアギリシャスペイン
関連業種: 観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ゴーブ氏、EU離脱相を拒否 後任にはバークレイ氏就任(11/19)

【今週の主な予定】11月19~23日(11/19)

ユーロ圏インフレ率、10月は改定値も2.2%(11/19)

政府、大気汚染規制を緩和へ 都市のディーゼル車制限回避で(11/19)

欧州議会、鉄道乗客の権利強化案を承認(11/19)

【欧州における日本企業の動向】10月8~21日(11/19)

英自動車メーカー、マの国民車構想に関心(11/19)

国民の過半数「メルケル首相は任期満了を」(11/19)

ルーマニアGDP、第3四半期は4.3%増加(11/16)

ラーブEU離脱相が辞任 メイ首相の不信任投票の動きも(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン