• 印刷する

EU、テック企業育成へ基金 仏独などが35億ユーロ拠出

欧州連合(EU)の議長国フランスは8日、域内の新興テクノロジー企業の育成に向け35億ユーロの新たな基金を創設すると発表した。フランスやドイツなど一部のEU加盟国と欧州投資銀行(EIB)が資金を拠出。米国やアジアと比べて資金力に乏しい域内のベンチャーキャピタル(VC)に資金を提供する「ファンドのためのファンド」の役割を狙う。

同基金には、フランスとドイツがそれぞれ10億ユーロを拠出するほか、EIBが5億ユーロを出資。フランスは政府系投資機関BPIを通じて5億ユーロを拠出しているほか、デンマークとギリシャも政府系投資機関を通じてそれぞれ資金を提供している。同基金には、これらの国を含めて計18カ国が賛同しており、今後、出資国を増やし、最終的に総額100億ユーロ規模への拡大を目指す。

同基金は、資金総額10億ユーロ規模のVCを現在の2社から10~20社に増やす目標を掲げる。これにより、間接的に技術系のスタートアップ企業を育成する狙いだ。なお、基金の運用はEIBが手掛ける。


関連国・地域: ドイツフランスEU
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

露原油、中欧に輸送停止=制裁が決済に影響(08/11)

【ウイークリー統計】第120回 EUの化学肥料の消費は増加傾向(08/11)

ヤンデックス、英仏で食品宅配事業を終了(08/11)

ノルウェー、渇水で欧州向け電力輸出制限も(08/10)

<特別寄稿>EUのガス市場の脱炭素化と水素戦略(08/10)

EU、ルーマニアの再生可能水素支援を承認(08/10)

ブルガリア、テック支援などに15億ユーロ(08/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン