ミュンヘン再保険、今年は3倍超の増益も

再保険で世界最大手のミュンヘン再保険は13日、今年通期の税引き後利益は昨年の3倍を超える25億ユーロ程度になるとの見通しを明らかにした。保険料の上昇や災害による保険金請求が昨年を下回ること、投資収入の拡大を見込んでいるため。

総保険料収入は480億~500億ユーロと昨年並みを予想。投資収入は約72億ユーロとなる見通しで、投資収益率では3.5%を確保できるという。同社は先週、ギリシャ国債の債務交換に応じたが、保有していた額面15億9,000万ユーロの債権については昨年中に既に11億8,000万ユーロ分の評価損を計上しており、今年の決算への影響は限定的という。

なおミュンヘン再保険が併せて発表した昨年12月通期の純利益(確定値)は7億200万ユーロとなり、前年比71%減少した。純利益は70.7%減の7億1,200万ユーロ。総保険料収入は8.9%増の495億7,200万ユーロだった。


関連国・地域: ドイツギリシャ
関連業種: 経済一般・統計金融・保険

その他記事

すべての文頭を開く

伊政府、アリタリアの過半数株を維持へ(07/23)

ボルクワルト、欧州最初のディーラーを選定(07/23)

生産者物価、6月は3%上昇(07/23)

パワーセル、燃料電池スタックを追加受注(07/23)

メルセデス、インドの地方都市で販売を強化(07/23)

ボッシュ、インドネで今年も2桁増収か(07/23)

エアバス、航空部品PFWの売却を再検討(07/23)

スケルトン、タリンから独東部へ工場移転(07/20)

電力フォータム、第2四半期は29%増益(07/20)

ルクソフト、ダイムラー傘下の独同業と提携(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン