• 印刷する

テスコ、定年年齢を67歳に引き上げ

スーパー英最大手のテスコが定年退職の年齢を67歳に引き上げる。自社の確定給付型年金制度改革の一環で、民間企業では初めて。既に加入者に対する説明を始めており、6月1日付の実施を目指している。

改革の目的は確定給付型年金制度の維持にある。英国の企業の多くが資金難を理由に企業年金制度を凍結する中、テスコは年金制度への新規加入を継続して認める方針。これに向け、年金の満額給付の条件となる定年退職年齢を現行の65歳から67歳に引き上げるほか、給付額の算出に用いる物価指数を従来の小売物価指数(RPI)から消費者物価指数(CPI)に変更する。CPIは通常、RPIを下回ることから、給付額は事実上、減少することになる。ただ連動させるインフレ上昇率の上限は5%と定めており、政府が採用する上限の2倍と余裕をもたせている。

テスコの広報担当者は、高齢化が進むに伴い年金給付期間が長期化することを強調。「年金制度を持続可能なものにするためには改革が不可避」と説明している。テスコは1973年に年金制度を導入した際、社員の平均寿命を77歳と想定していた。しかし現在40歳の社員の平均寿命は90歳を超えるとみている。テスコの企業年金には退職前の17万2,000人を含む29万3,000人が加入している。


関連国・地域: 英国
関連業種: 食品・飲料金融小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

英下院、国内市場法案を可決 EUは法的措置も辞さない構え(10/01)

GDP、19.8%減に上方修正 落ち込み幅はなお過去最大(10/01)

DHL、EU離脱で英国宛速達に追加料金へ(10/01)

ネーションワイド住宅価格、9月は伸び減速(10/01)

石油シェル、最大9千人を整理へ(10/01)

英・オランダ、新規感染者数が過去最多に(10/01)

ウィリアム・ヒル、身売りで米社と合意(10/01)

住友商事、洋上風力発電事業の開発に参画(10/01)

香港、英国を高感染リスク国に追加(10/01)

英国とノルウェー、漁業権巡り合意(10/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン