フェストアルピーネ、独レール製造事業から撤退

鉄鋼大手フェストアルピーネは13日、ドイツの鉄道レール製造子会社TSTGシーネンテヒニックについて、早ければ年内に閉鎖すると発表した。競争が激化し採算性を確保できる見通しが立たなくなったため。 従業員約350人に対しては、グループ内企業への移管を含め再就職を支援する…

関連国・地域: ドイツオーストリア
関連業種: 鉄鋼・金属その他製造運輸マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

オーストリア首相、偽証疑惑で検察が捜査(05/14)

人口当たり代替肉消費、欧州首位はオランダ(05/11)

イタリアなど、独自のワクチン証明書導入へ(05/06)

UAEブルージ、欧州の再生エネ社買収も(04/30)

双日、欧州法人がウィーン支店を設立(04/26)

【欧州企業よもやま話】第329回:レンチング エコな繊維にアパレル熱視線(04/21)

欧州鉄道3社、カルテルで4800万ユーロ罰金(04/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン